歩きはじめた赤ちゃんと犬猫たちと奥さんとの素敵な日々!


by papanatti
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

掲示板を閉鎖

2月15日に、リトル・ドッグ・プレスの掲示板を閉鎖した。
1月の半ばごろからいたずらの書き込み(妨害目的の)が急に増え、
さいしょのうちはいちいち削除していたが、だんだんエスカレートしてきて
どうしようもない状態になった。

あれはいったい何なんだろう。
ただの「愉快犯」だとしたら、ずいぶんまだるっこしい「愉快」だろうなあ。
ま、こちらが困っているのがわかれば、満足する体のものだろうが。
それだけウチのサイトが気になるのだろうか。しかし、どんなふうに?
考えてもぜんぜんわからない。

で、考えるのをやめて、とにかく閉鎖したわけだが、インターネットでは
迷惑メールをはじめ、強引な広告のポップアップなど、一方的な侵入を
受けやすい。
最近では「月収50万円以上の在宅業務」「アメリカで働くための永住権」
などというキャッチの広告が、あたりかまわず侵入してくる。
他の人たちも同じことをされているのだろうか?
うまい撃退の方法はないものだろうか。誰か知っていたら、コメントで
教えてくださいな。

閉鎖にあたって、われわれだけでは掲示板にフタをすることができず、
またまた階下のYさんの助けを借りた。
お願いの趣旨を電話で伝えると、
「見てみないとはっきり言えないけど、たぶんできるでしょう」と
仕事が忙しいのにウチに来てくれて、苦労してやってくれた。

作業の合間にいろいろ話をしていて、彼が小学校6年生ぐらいまで
ご両親は農業をやっていたということがわかった。
今はやめてしまっているそうだが、小さい頃は農作業に親しんでいたので、
ゆくゆくはどこかの田舎でそういう生活ができればいいなと思っている
らしい。

どちらかというと、デジタル時代の最先端をいく仕事をしているYさんと
こんなに話が合うとは思っていなかった。
われわれが編集した今関さんの『それでも百姓になりたい!』と、
新刊の『ボクはイジメられっ子?』を、お礼にあげた。
こんど、機会をつくっていろいろ話をしよう。
翌日仕事が早いのに、深夜までつきあってくれて、本当にありがとう!
by papanatti | 2006-02-18 16:11 | 出版社