歩きはじめた赤ちゃんと犬猫たちと奥さんとの素敵な日々!


by papanatti
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「暑い」は禁句だが…

連日猛暑が続いている。
8月生まれなのに、あまり暑さに強くない。というより、近年めっきり弱くなってしまった。
これって絶対オゾンホールに関係があるような気がする。
外を歩いているとき、太陽に焼かれながら「ああ、空に穴があいている…」と
実感することしきりなのだ。
それと、クーラーの室外機から出ている異様な熱気。
アスファルトにこもった太陽熱。

これらが合わさってヒートアイランド現象が起こっているから、
クーラーで対抗しようとする。そうすると、底なしの悪循環が繰りひろげられる。

わが社は極力クーラーをかけない。なので日中は犬も猫もそこらへんで
行き倒れ状態。
しかし、きょうはさすがに冷房のスイッチを入れた。
するとたちまち狭い仕事場は動物たちの避難所と化し、さらに夏ちゃんの
「あちこちひっかきまわし活動」とあいまってゴチャゴチャになる。
こうまで暑いと、ただでさえクーラーがきかないうえに、動物密度が高くなり
環境としてはいかがなものか状態に陥った。

これを書いていると、突然前ぶれなく近所に雷が落ちた。
ピカ!がらがらどっしゃん!
そのあとはものすごい雨と雷がしばらく続いた。
これで少しは涼しくなってほしいものだ
by papanatti | 2005-08-15 20:57 | 出版社

45th birthday

きょうは私の57回目の誕生日。
いつも1年多くサバをよんでいるくせがついていて、58になるような気がしていた。
しかし、2005-1948=57なので、合点した。
40を過ぎてからというもの、数字はどんどん変わっていく感じで、
サイレント映画のカレンダーがめくられるような気分だ。

しかし、そのぶんあまり年をとっていないという説もあって、
有紀と協議の結果、実年齢マイナス12歳、すなわち45歳であるということにした。
ずいぶん都合のいい計算だが、これは決めたもの勝ちである。

で、夏穂には先に寝てもらい、有紀がお祝いの夕食を作ってくれる。
メインはスパゲティ・ジェノヴェーゼ。イタリア人にとっては「第一の皿」だが、
私たちにはこれが中心だ。
松の実とバジルの香りかぐわしき一品で、有紀の十八番料理である。
うまい!

来年の誕生日は、きっと夏ちゃんもいっしょに祝ってくれるだろう。
そういえば夏ちゃんは、もうじき1歳!
同じ8月生まれだが、私は獅子座で彼女は乙女座だ。
いまや、ハイハイからつかまりだちを経て、歩く練習に余念がない。
1歳になるころはヨチヨチと歩いているにちがいない。
by papanatti | 2005-08-14 21:16 | 家庭

タイトル決定

先月下ごしらえをした坂川さんの講演会&サイン会が終わった。
話はたいへん面白く、みなさん満足してくれたようだ。
うちからは、有紀&夏穂と、リトル・ドッグ・プレスのサポートメンバーである
Hさん、Mくんが参加した。
サポーター2人には、事前に、リブロ港北店に貼る手描きのポスターを
それぞれ作ってもらった。
当日は1階のデパート入口と、店内で呼び込みを手伝ってくれた。
2人とも現役の大学生で、出版に興味があり、とくにうちの出版物と姿勢に
共感してくれている。

イベント終了後、1階のテラスで反省会。
またこういうことを企画したい、という話をすると、いろいろアイデアが
出てくる。話のはずみで、いい案がまとまった。
彼らとは、お互いに有益な関係をつくっていきたいと思う。

きょうは午前中、今関さんの本のタイトルを決定。
『ボクはイジメられっ子――ともちゃんの太平洋戦争』になった。
有紀ちゃんは『利根川子ども戦争』を強く推したが、
私と今関さんの意見が一致し、涙をのんだ。

午後、おととい印刷所に入稿した今関さんの本のゲラが出た。
早い。昔とは隔世の感がある。
なんせ、活版組みの時代に仕事を始めたものだから、
入稿してゲラが出るのは、早くても1週間ぐらいかかるものという
意識が抜けないのでびっくりする。
さっそく羽仁さんに1通ゲラを送った。
推薦文を引き受けていただいたときに、「原稿読むのが楽しみ」と
言ってくださったのがうれしい。
by papanatti | 2005-08-11 20:46 | 出版社